シルファーは、換気口を通じて、快適で時代に即した住換気環境の創造に取り組んでいます。


圧力損失
                       圧力損失係数と開口面積について


    換気口で使われる「低圧損型」という呼称は、(財)ベターリビングで定める「優良住宅部品認定
    基準」によると、下表のように区分されています。


外壁用端末換気口 低圧損型     圧力損失係数
ベントキャップ 1.5 以下
屋外フード 1.2 以下

    上記の係数より高い機種は、「一般型」 と呼ばれています。

    「低圧損型」と表示していてもその内容は様々です。基準値ぎりぎりの低圧損型もあれば 
    余裕の低圧損型もあります。シルファー製品の係数詳細については、最新版カタログP130
    をご覧ください。

     --------------------------------------------------------------------------

    圧力損失係数と各種開口面積は、以下のように算出されています。。

    ◆測定方法
   ◇排気
    JIS C9603附属書相当の空気室に製品を取り付け、風量と静圧ΔP1を求める。
    次に、製品を取り外し、風量と静圧値ΔP2を求める。
    ΔP=ΔP1-ΔP2
    基準風量における圧力損失係数ζ1を次式にて求める。
    ζ1=ΔP2・2/V2/ρ         ζ1:圧力損失係数、 V:風速(m/s)
                          ρ:比重(kg/m3)=353/(273+t)、 t:空気温度(℃)
    開口面積αA1(m2)は、製品の開口部の面積を単純開口に仮定するとどのくらいに相当
    するかを示しており、製品取り付け時の流量係数αと、取り外し時のα2の比より求める。
    Q=3600αA(ΔP・2/ρ)1/2   Q:流量(m3/h)、α:流量係数、A:ダクト断面積(m2
    単純開口面積は製品の実開口部分の面積とする。

   ◇吸気
    JIS C9603附属書相当の空気室に製品、反対側に整流口を取り付け
    風量と静圧ΔP1を求める。
    ΔP=ΔP1          製品取り付け時の静圧損失を、製品の静圧損失とする。
    ζ=ΔP・2/V2
    相当開口面積αA(m2)は、住宅の省エネルギー基準により以下のように求める。
    A=Q9.8×0.7         Q9.8:静圧損失が9.8Pa時の流量(m3/h)
 
  
     基準風量
ダクト径 75 100 125 150 175 200 225 250
基準風量(m3/h) 60 120 200 300 420 540 720 720

     圧力損失係数は基準風量によって異なる場合があります。詳しくは基準風量をご確認の上
     お問合せください。


     圧力損失係数表(一例)

機種 型式 排気 単純
開口面積
圧力損失係数 開口面積 直管相当長
3方向結露受け 3KP-100 0.5 68 2.5 93
3KP-125 0.4 112 2.5 190
3方向油受け 3KPO-150 0.5 159 3.8 190
平型3方向 3LG-100 0.6 68 3.0 87
3LG-150 1.0 138 7.5 175
平型 LG-100A 0.6 68 3.0 91
LG-150A 0.8 147 6.0 176
深型フード RH-100E-BL 1.3 55 6.5 160
RH-150E-BL 1.2 134 9.0 226
防風板付 SK-100 0.3 68 1.5 83
SK-150 0.8 143 6.0 167
                                                                                                        ( 開口面積 c㎡)

                                                                                              ページのTOPへ戻る



                            お問い合わせは、E-Mail : honsha@sylpha.co.jp